主人公の相川壮介は、ボロアパートに住む高卒のフリーター。

バイトでいつも疲れ切っている壮介の癒しといえば、大家さんが若くてカワイイということくらい。
今日も疲れて帰ってきた壮介に優しく声をかけてくれる。

そんな壮介が疲れて寝ようとしていたところ、上の階の住人がドンドンと激しく物音を立てる・・・。
イライラして上の階に文句を言いに行く壮介。

「いつもドンドン迷惑なんですけど・・・!」

すると、出てきたのは若くてカワイイお姉ちゃん。
聞くと女優志望だけどなかなか芽が出ないので、必死に稽古をしている最中だったんだとか。

カワイイ娘だったから思わず許してしまった壮介だが、あの娘のことを思い出していると、なんだかムラムラと・・・。

「今日はあの子でヌイとこ・・・」

一人いきり立つモノをシコリ出す壮介だが、そんな時ボロアパートの2階の床が抜けて、さっきのカワイ子ちゃんが落ちてきた!
そしてなんとなんと、壮介のいきり立ったモノがピンポイントでカワイ子ちゃんの股間に・・・!

このまま二人はどうなってしまうのか・・・!?

続きはコチラ!→女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。